成功者の例 - 濱田大輔の【扇動マーケティング】解説ホームページ

サイトマップ

なぜ熱心に売り込まないのに商品が売れるのか?コピーライティングよりも圧倒的に稼げる、もう一つの販売ノウハウとは?

成功者の例 - 濱田大輔の【扇動マーケティング】

月収1000万以上売り上げる
アフィリエイター達の手法!

実はネットビジネスの業界で、ある象徴的な現象が起きています。

最近莫大な金額を稼ぐアフィリエイターたちが、次々と現れはじめたのです。

一昔前なら月収100万円稼いでいればトップアフィリエイターと呼ばれていました。

しかし今や月収100万なんて珍しくもありません。

たった数か月や1年で、月収数百万円、あるいは月収1000万円超えを達成する人までいます。

しかもその大半は、その直前まで学生だったり、普通のサラリーマンだったりして、特別な実績もコネも資金も持っていなかった人たちです。

彼らが大きな金額を稼げる背景には、ちょっとしたからくりがあります。

僕は月収1000万以上売り上げている人たちと普通に知り合いですし、色んな人脈や情報源ももっていますので、彼らが何をして月収1000万売り上げたのか、すべて把握しています。

彼らがいったいどういう商品を売って、月収数百万、あるいは1000万といった数字を叩き出しているか、ご存知ですか?

1万円の商品を1000個売って月収1000万…?

あなたがそういう想像をされたのであれば、まったくの見当外れです。

彼らが売っているのは、ほとんどの場合、たった数十個の商品だけなのです。

つまり、超高額な商品(塾、コンサル等)を、ごく少数の読者に対して販売することで、一気に巨大な売上を生み出しているのです。

たとえば30万円の商品なら、何人に買ってもらえれば月収1000万達成できるでしょうか?

答えは34人です。

あるいは50万円の商品だったら、何人に買ってもらえれば月収1000万達成できるでしょうか?

答えは20人です。

ちなみに月収100万円でよければ、30万円の商品なら4人、50万円の商品なら2人に買ってもらえればOKです。

ビジネスで大きな金額を稼ぐのに、何千人も何万人も、大量のお客様を集める必要はそもそもないのです。

あなたのことを心から信用し、数十万円といった高額なお金でも惜しまずに投げ出してくれる徹底的なファン達・・・。

そういう人たちをたった数十人でも増やすことができれば、月収100万や200万の壁くらいならあっさり飛び越えられます。

数十人程度のファンでよければ、やり方さえ知っていれば、獲得するのに何年もの時間は必要ありません。

早ければ1ヶ月や2ヵ月でも可能です。

これがネットビジネスを始めて、たった数カ月で月収1000万などといった巨大な金額を稼ぐ人たちが存在する理由です。

仮にあなたがこういうファンの数を数百人に増やすことができれば、たとえ数十万円もする高額商品を扱わなくても、途方もない金額を稼げるということは想像に難くないと思います。

必死に商品を売り込む必要もなくなります。

あなたが執拗に言葉を並べなくても、彼らは自発的にあなたの言わんとしていることを理解して、あなたが望む行動を起こしてくれるようになります。

集客さえも苦労しなくなります。

ファンというものは、勝手によそであなたのことを宣伝して、新しいお客をどんどん連れて来てくれます。(布教する、というやつですね)

僕も購入者からのメッセージを読んでいると、「友人から面白いメルマガがあると紹介されて読むようになりました」というようなメールを頻繁に見かけます。

何のメリットもないのに、僕のブログにリンクを貼ってくれたり、ソーシャルメディア上で宣伝してくれる人たちもいます。

現代は FacebookやTwitterなど、ソーシャルメディアが猛威をふるっていることもあり、口コミの威力は一昔前と比べて圧倒的です。

あなたのことを好意的に宣伝してくれるファンが増えれば、無数の場所から新規読者が勝手に流入してくるようになります。

ソーシャルメディア上のちょっとした投稿を、ファンが一気に拡散してくれて、一日で数百人メルマガ読者が増えたというような話もよく聞きます。

そういうあなたの絶対的なファンを増やすためのテクニックは、残念ながらコピーライティングが教えてくれる領域ではありません。

むしろコピーライティングはファンを減らすことすらあります。

あなたがファンを増やし、商品を熱心に売り込まなくてもバカ売れする状況を手に入れたいなら、もっと別の分野からそのテクニックを学ぶ必要があります。

なぜナチスドイツは国民を思いのままに操ることができたのか?

実はこの人を動かす、人望を集めるということにかけて、コピーライターなどよりもさらなるエキスパートがいます。歴史上もっとも多くの人間を動かしてきた人たちです。

それは民衆の指導者、独裁者です。

シーザー、ルター、ロベスピエール、ナポレオン、レーニン、毛沢東……

その他あらゆる指導者たちは、民衆の支持を得るために、さまざまな扇動のテクニックを使ってきました。

代表的なのがヒトラーです。

独裁、侵略、虐殺など、負のイメージしかないヒトラーですが、彼が国民の大多数から絶大な支持を集めていたということはご存知ですか?

ヒトラーは当初から宣伝戦略の重要性を見抜き、数千万もの国民に対して、きわめて意識的かつ用意周到に扇動をしかけました

歴史的に効果が実証されている様々な心理テクニックを組み合わせ、国民が彼の思い通りに動くよう、情報を操作したのです。

ラジオ、新聞、チラシ、音楽、映画、劇など、あらゆるメディアは彼の信念や思想を浸透させるための道具になりました。

その結果ヒトラーは、侵略戦争や民族迫害といった極端な政策にさえ、国民の熱烈な支持を取り付けることに成功しました。

イメージ画像3

しかもそれらに同意した人のほとんどは、文字が読み書きできない古代人ではなく、文化も知性もある、普段なら絶対に悪事には加担しないような善良な市民たちです。

ヒトラーのためなら命を捨てることもいとわない、忠誠心に篤い若者も多数現れました。

このことは何を意味しているか?

あなたが発信するメッセージが論理的に正しいかどうかなど、たいした問題ではないということです。

誰がどう見ても異常としか思えないような政策にさえ、圧倒的な支持を取り付けることができてしまうのが、この扇動と呼ばれるテクニックの恐ろしさです。

ヒトラーの党大会に参加したハックスレーという哲学者は、その印象を以下のように述べています。

「もしあの太鼓の音と合唱にずっとさらされていたら、我ら哲学者ですらすべて、はね回ったり野蛮人のようにわめいたりするようになるであろう」

綿密な計算に基づく扇動を仕掛けられると、たとえ高度な教育を受けた人たちであっても、容易に操り人形と化してしまうのです。

こういう扇動のテクニックは、過去の独裁者だけのものではありません。

例えばアメリカの大統領だって、目的やメッセージは違いますが、国民を動かすために使用しているテクニックはほとんど同じです。

ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争など、国家的な政策を押し進めるとき、彼らは必ず扇動のテクニックを使いました。(ヒトラーほど露骨ではないですが)

イメージ画像4

彼らは意図的に人々の心理を操作しています。

そして彼らにとって都合よく人々が行動するよう、巧みに人々の思考や行動を誘導しています。

人々は操られていることに少しも気づかないまま、「U・S・A!U・S・A!」と熱狂して叫び、指導者に反対する人々を非国民として攻撃すらします。

さらに驚くべきことに、彼らは植え付けられた価値観を自分自身のものだと思い込み、自分たちの行動を理性的な判断の結果だと信じているのです(!)。

指導者にとってこれほど都合のいい群衆はいませんね。

仮に指導者が熱狂した群衆に向けて「この商品を買うべきだ」とメッセージを発信すれば、人々はお金を握りしめて我先に購買へと殺到するでしょう。

さて、ここで一度考えなおしてみたいと思います。

人々に戦争に同意させることと、人々に特定の商品を買ってもらうこと。

いったいどちらが簡単なことでしょうか?

……。

言うまでもありませんね。

明らかに商品を買ってもらうことのほうが簡単です。

涙がでるほど簡単なことでしょう。

殺し合いの戦争に参加したり、自分の命をなげうったりすることと比べたら、たかだか数万円や数十万円の商品を買うことくらい、大したことではありませんよね。

人を動かすための理屈はどの世界でも常に同じです。

単に人に向かわせる方向が変わるだけです(戦争か?購買か?)。

そうした法則・技術を、販売という一点の目的に絞って利用すれば、当然望み通りの結果を得ることができます。

それは以下の4つの要素から成り立ちます。

1つめの要素は、注意をひきつけること。

2つめの要素は、選択肢を限定すること。

3つめの要素は、感情を揺さぶること。

4つめの要素は、不安をぬぐい去ること。

これらの具体的な方法を理解すれば、他人に対して絶大な影響力を持つことができます。

あなたが経済的な自由を手に入れられるくらい商品を売りたいなら、他人にいいように動かされるだけの存在でいるよりも、こうした知識を学んで、人を動かせる側へとステップアップしたほうが圧倒的に有利です。


>> 扇動マーケティングの詳細はこちらをクリック!

扇動マーケティング - 価格キャッシュバック
販売者のイメージ画像